top of page
  • リフォーム工房リライフ

トイレのリフォーム ~節水型ってどれほどお得?~


節水型トイレ | リフォーム工房リライフ | トイレリフォーム

誰しも毎日使用するトイレ。

そのトイレについて節水型とか最近は超節水型などと謳われる商品が出ていますが、一般的なトイレとどれほどの差があるか一般の方はあまりご存知ないかもしれません。

家庭の水の使われ方 | リフォーム工房リライフ | 水廻りリフォーム

まず一般的な水洗トイレの1回に洗浄に使う水の量は、便器のタンク容量にもよりますが、平均すると10リットルから15リットルぐらいでしょう。

成人1人が、1日に流すトイレの水の量は、約90リットルにもなるといわれています。

水道料金を1リットル0.24円(各自治体によって違いますが)として、

1日当り 0.24円/? × 90? = 21.6円くらいでしょうか?

1ヶ月30日で計算すると、月 648円 

4人家族で、1ヶ月2,592円となります。

節水型トイレ |  リフォーム工房リライフ | トイレ リフォーム

TOTOなどが発売している節水型便器で、タンク容量が4.8L。

これを一日当りの使用量で考えると約28L

先程の成人1人の1日の使用量90Lと比較すると約3割の使用量となります。

4人家族の1ヶ月使用量が2,592円の3割ですと大体778円くらいになります。

ナント 1,814円のお得。

年間だと 1,814 × 12ヶ月 = 21,768円もお得になります。

10年間で勘案すると約21万円になりますから、やはり節水型トイレはお得ということになります。

以前にロータンクにペットボトルを入れて節水するような節約術が紹介されていましたが、基本的にロータンクの容量というのは、綺麗に汚物を流すために必要な水量で設計されたもの。

これを勝手に減らせば、汚物が流れなかったり、配管の途中で詰まったりとトラブルの元です。

せっかく 節約のために行ったことが、補修代のほうが高くつくなんて、笑えないジョークのようで、こういったことはお勧めできません。

今や 各社競って節水型トイレを発売していますから、一度検討されてみては?

節水型トイレ | リフォーム工房リライフ | トイレリフォーム

#住宅リフォーム #リフォーム #トイレ #節水型トイレ

閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page