top of page
  • リフォーム工房リライフ

北海道地震


地震 耐震 リフォーム 明石市 神戸市 リフォーム工房リライフ

まず初めに、台風21号による被害に遭われた方、そして本日早朝の北海道地震の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。 北海道地震の震度は6強と発表されていますが、再調査後に震度7が適用される見込みとのことです。 戦後に発生した地震としては、戦後最大規模の被害を出し、昭和23年の福島地震を経緯に 設立された震度7の激震が適用された地震といえば、平成7年1月17日に発生した阪神大震災が思い出されます。 兵庫県と北海道 共通してることと言えば、これまでに地震多発地帯と認識されていなかった地域ということです。 ・・・あれから23年。 現行の建築基準法では耐震性の安全基準を満たしておらず、震度6弱以上の揺れで倒壊する危険性が高い「既存不適格」の住宅が、兵庫県では全国に7番目に多い45万棟もあることがわかりました。 さらに昭和57年以前に建てられたいわゆる「旧耐震住宅」の耐震化率は、5.8%。 震災から20年以上経った今でも地震に耐えうる事の出来ない家がまだ多く存在します。 1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。 1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。 木造住宅は、きちんとした構造補強を行えば、耐震性は増し、家の寿命も長くなります。 あなたと家族、大切な財産を守るためにも、住まいの耐震リフォームをオススメします。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年末年始の営業のお知らせ

平素は、格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら年末年始の休業期間を下記の通りとさせていただきます。 ≪ 2019年12月29日(日) ~ 2020年1月5日(日)≫ なお、上記期間内のお問合せはメール又はFAXにて受け付けております。 お問合せに関しましては、2020年1月6日(月)以降に順次対応させて いただきますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げ

bottom of page