top of page
  • リフォーム工房リライフ

3.11東日本大震災から10年を迎えて


3.11 東日本大震災から10年目を迎え、

TVや新聞にて震災特集を目にする機会が増えています。


弊社でも最近、お客様から耐震のご相談が増えています。


昭和56年6月1日以降に建築された建物は「新耐震基準」

(震度6強~7程度の揺れでも倒壊しない構造基準)にて

建てられていますから、それほど心配ないとは思いますが、

それ以前の建物については「旧耐震基準」

(震度5強程度の揺れでも倒壊しない構造基準)となっていますから

近年の大規模地震(震度6強~7)では倒壊する恐れがあります。


耐震改修工事を行う場合、基本的に屋根の軽量化、壁の強度改修が

基本となりますので、これだけを行うのは大変負担となります。


外壁改修や室内リフォームのついでにご検討ください。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page