top of page
  • リフォーム工房リライフ

気づいていますか?外壁の劣化具合②


外壁改修,塗装改修,クラック,リフォーム,明石市,神戸市

前回に引き続き、もう少し外壁の劣化について書いてみましょう。

前回、外壁の劣化でよく見かけるものに、シーリングの劣化を取り上げましたが、今回はもうひとつ外壁のクラックについて。

クラックと一括りにいっても、状況と出来る部位によって建物に対する意味合いが少し違ってきます。

まず良く見られるのが、塗膜部に出来るヘアクラック。

こちらは塗膜の経年劣化により、下地の膨張収縮の動きに絶えられなくなった塗膜表面にヒビ割れが出来たものです。

外壁改修,塗装改修,クラック,リフォーム,明石市,神戸市

以前にも書きましたが、外壁面を手で軽く触れて、手のひらに白いチョークの粉のようなものがついてくれば、塗膜の劣化が進んでいるということですので、こういったヘアクラックが出来やすい状態といるでしょう。

ヘアクラックについては塗装の塗替工事を行うことで、対応できます。

外壁改修,塗装改修,クラック,リフォーム,明石市,神戸市

次に乾燥によるクラック。

こちらは、建築後に出来たというよりも、工事中にモルタルなどの外装材の乾燥過程で、材料内の水分の蒸発などにより乾燥収縮が起き、ヒビ割れが起こります。

ある程度の期間が経つと乾燥収縮は止まりますから、それ以上ヒビ割れが拡大することはありません。

塗膜面に出てきている場合は、塗装の塗替工事で下地処理をきちんと行えば、こちらもほとんどわからなくなります。

外壁改修,塗装改修,クラック,リフォーム,明石市,神戸市

次は、外壁の塗り継ぎや異種材料のジョイント面でよく見られる縁切れによるクラックです。

増築で家屋を継ぎ足されたり、リフォームで部分的な改修をされた部分の継ぎ目によくできます。

これは、もう防ぎようがないクラックと言えます。

なぜか?というと、いくら見せかけ的にくっつけたとしても、元々の部材と足した部材は、まず一体にはなりえません。

それぞれが違う動きをすれば、接合面に力的な負担が係る事は致し方ありません。こういうクラックについては、シーリング材等で目地を作り、動きに追随出来るように対応するのが一番です。

外壁改修,塗装改修,クラック,リフォーム,明石市,神戸市

最後に構造クラックです。

これは建物の構造的な欠陥や建物の不動沈下などによって、建物に外力が係り、部分的に耐力的負担が大きくなってしまい出来るクラックです。

こちらのクラックは、上記3種類のクラックと違い、クラックのヒビ割れの幅が大きくなる特徴があります。こういったクラックを見つけられた時は、専門家に相談されることをおすすめします。

ただし、地震や大きな台風による風など、特殊な外力によって出来る場合もありますので、大きなクラックを見つけたから家が傾く・・・などと早合点しないようにご注意ください。

そういう事はホントに稀な事ですから。

これちょっとどうかな?と思われた方は、リフォーム工房リライフへご連絡ください。

#外壁塗装 #クラック #外壁劣化

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page